DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

ニコ動デビューだいたい一周年記念「ミラクル☆メロンパン」を投稿

2017年7月22日に「かえるのうた」でニコニコ動画デビューをしたのですが、それから1年が過ぎまして、7月29日に1週年記念の新曲を投稿してきました。

 

www.nicovideo.jp

 

って1週間ほど日付がずれてますが、実はずっと7月29日を1週年だと思い込んでいて、投稿の数日前に確認したら正しい日付が7月22日だということに気づいて愕然とした次第です。

まあその、ボカロ曲の投稿ごときでよかったですよ。

これが「彼女の誕生日」「結婚記念日」みたいなイベントだったら大変なことになりますものね。たぶん。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180730221107p:plain

(参考)右が日付を間違えたことを告白する僕、左が毎度お世話になっている絵師のちびろぅ氏。このスクショは「毎日が一周年だよ」という彼女の名言を紹介するためのものですが、「アイコンが2人ともメロンパンで区別がつかない」「お父ちゃんって何」とかいろいろな問題が散らかっているので、芯がブレてしまう気がしてなりません。

 

実はリメイク曲

twitterやニコニコ動画のページでは特に触れませんでしたが、 この曲は過去の自分の楽曲のリメイク作品です。

ニコニコ動画に投稿をはじめる前の数年間、DTMスクールで勉強しながら黙々とピアプロに楽曲を投稿していたのですが、この曲はその頃に作った曲の中で比較的気に入っていたもので、アレンジやミックスをやり直して仕上げました。

「夢患」から4ヶ月近く経つのでそろそろ自己アカウントでの投稿をしたいと思いつつ、直近のコラボ作「Blue」や次に予定している曲(これは新しいオリジナルけどが非ボカロ)と並行してゼロから作るのが難しかった、という事情もありました。

 

せっかくリメイクしたのでビフォーアフター載せておきます。

前半がリメイク前バージョン、27秒あたりからがニコニコ投稿版です。

 

リメイクしたのは大きくは以下の点です。

  •  テンポを少し早くした。その他もリズムを見直してスピード感を上げた
  • サビのバッキングにキラキラしたシンセベル追加(目立たないです)
  • 一部パートの音源を差し替え(リメイク前は全部DAW標準、リメイク後は後述)

テンポはわかりやすいですが、他はまあ・・そんなにクオリティ変わってないですね(汗

 

使用トラック紹介 

 f:id:naoki-horiuchi:20180730065914p:plain

  • Drums→ドラム/EZ Drummer 2BFD 3を導入してからも使いやすいこっちを愛用しています。これだから進歩しないのだよなあ・・。
  • Tombouline→タンバリン/Kontakt 5標準。主に曲の後半、シャカシャカ賑やかし役で登場します。
  • Pop Kit→クラップ/DAW標準。EZ Drummerにもクラップの音色は入ってますが、これはこれでチープな感じでいいかなと思って残しました。ずっとペチペチやってます。
  • Bass→ベース/Trillian。リメイクで音源差し替えたくらいですね。
  • ElGuitar→エレキギター/Junk Guitar + Amplitube 4 Free。相変わらずギターの音作りには苦戦しています・・。
  • Grand Piano and Pad→ピアノ+パッドのレイヤー音色/DAW標準。ちょっとふわっとした感じを出すために選びました。
  • Light Shade Organ→オルガン/DAW標準。ピアノ+パッドを補うバッキングの準主役です。
  • Sweet Bell→シンセベル/DAW標準(加工)。イントロやサビで登場。試しにアルペジエイターを使ってみましたがエグい感じになったので音量めっちゃ下げてます。結果入れる意味があったのかわからなくなりました。笑
  • Flutes→フルート/DAW標準。2番の「賑やかな祭囃子」で「ラリラリラー」って鳴らしているんですが、ほとんどそこのために入れました。
  • Miku1&Miku2→初音ミク。後述。
  • その他、効果音として「波の音」「花火の音」を使いました。

リズム隊は夏らしくシャキシャキした音色を、ウワモノ系はメロンパン=甘くてふわふわな印象の音色をできるだけ使うようにした・・と思います、一応。

 

ミクさんの調声について

今回は半ばネタ曲で、コメントや感想も楽曲というよりネタの部分への反応が多かったのですが、意外と「声かわいい」「独特」とミクさんの歌部分に関するコメントが多かったので(後者は別に褒めてはいないような気も?)、当ブログではあまり取り扱わない調声について紹介しようと思います。

調声にはこだわりのあるボカロPさんが多いと思いますが、僕は全然詳しくもないしこだわりも強くないので、本当に初心者の方でもなければ特段参考になることもないでしょう。

 

まず、僕のボカロ調声知識は、最初に初音ミク本体といっしょに買ってきたこの本の範囲にほとんど閉じています。

 

クリプトン・フューチャー・メディア公認 初音ミク V3 徹底攻略ガイドブック 調声からDAWでの曲作りまでがわかる本 (CD-ROM付)

新品価格
¥2,376から
(2018/7/30 23:55時点)

 

クリプトン・フューチャー・メディア公認 初音ミク V4X 徹底攻略ガイドブック 調声からDAWでの曲作りまでわかる本 (データ・ダウンロード対応)

新品価格
¥2,592から
(2018/7/30 23:56時点)

V3とV4を貼りましたが、僕が使っているのはV3です。V5?何それ?

 

レイヤーで声質を調整

メインパートの使用ライブラリはSoft+Darkのレイヤーです。

Darkは1オクターブ上にしつつ、そのままだと目立ちすぎるので音量をかなり下げています(メイン4000に対して2500くらい)。音域が低いところを補ったり、倍音成分多めっぽく聴こえるようにすることを狙ってます。

V4だとクロスシンセシスというブレンド機能が使えるのですよね。いいなぁ。

 

パラメータはほとんど動かしてない

メインパートのパラメータ設定は以下のとおりです。何の工夫もないですね。

  • ベロシティ:みなさん多用するらしいですが、僕は発音タイミングがどうしても気になるところをいくつか個別に動かすくらいです。
  •  ダイナミクス:この曲では基本固定にしましたが、終盤の「メロンは入ってない〜!」とクライマックス的に盛り上がる部分だけぐっと上げました。
  • その他:ブレスネス8、ブライトネス72、クリアネス17、ジェンダーファクター50、ポルタメント76でそれぞれ固定。ブライトネスは曲によってはロングトーンで減衰感を出すために下降カーブを描くのですが、この曲ではやりませんでした。

 

無音の音素記号で歌唱表現

あと調声でやっていることといえば、無音記号を歌い出しや歌い終わりに入れて、歌い終わりで跳ね上げたり、「しゃくり」や「フォール」を表現したりというテクは少し使います。まあみなさん使ってますよね。

やりすぎるとウザい感じにもなるので、プレーンな可愛い系路線のこの曲では、ここぞ!というところにだけ使うようにしました。

(そういう意味でいくと、歌い出しの音を分割してわざとピッチを揺らしたりする手法などもあると思いますが、この曲では全然使ってないです。)

 

たとえば2番のココ。

「ねえねえー?何から食べようか」という歌詞で、「ねえねえ」を問いかけるように歌わせたかったので語尾に高音のAspを入れました。そのまま次の歌い出しにも効かせてフォールも表現しています。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180731001207p:plain

 

下はアカペラでこの部分を取り出した音源です。

 

 

と、それくらいですかねえ。

むしろボカロP先輩諸兄、上手な調声の仕方をぜひ教えてください・・!