DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

ギターが弾けないDTM初心者にJunk Guitarはちょうどいい

こんにちは、frenchbreadです。

スポーツ、車、ギターといったカッコいい男を象徴するようなものはことごとく避けてきた人生でしたが、きょうはギターについてお話しします。あ、生のギターじゃなくてソフト音源のほうですね。

 

f:id:naoki-horiuchi:20170923133355p:plain

先に結論を

この記事を見てくださっている方は「Junk Guitar」を導入しようかどうか迷っている方、もしくはギター音源で何かちょうどよいものはないかを探されている方だと思うので、先に結論を述べる。

  • Kontaktを持っている(またはLogicユーザー)
  • 予算20,000円程度に収めたい
  • ギターの知識がないので本格的な音源を使いこなせるか不安

これらの条件を満たす人ならJunk Guitarは買いだと思う。

以下、なんでそう思うの?をわたし個人の目線と状況から説明してみる。

 

ギターは鬼門な上にポップス作るなら避けられない

DTMerならみんな知っているように、ギターはDTM初心者にとって鬼門とされる。

ブラスあたりも相当難しいと思うが、ポップス・ロック・エレクトロなどを作ることが多いボカロP楽曲では必須というほどではなく、優先度はちょっと下げてもいいかもしれない。

しかしギターはそうもいかない。

わたしはこれまでできるだけギター、特にエレキギターの使用は避けてきた。ゆえに曲のジャンルがかなり限定され、ピアノ系のバラードエセEDMボサノヴァR&B風などでごまかしていたりする。

しかしいつまでもそんな、働くのが嫌で大学に居座っている甘ったれ坊ちゃんみたいなことは言ってられぬ。

そういうわけで最近やっと、エレキギターの打ち込みに向き合っている。

 

ド素人のためのギターの基本

まずは、ド素人がギター音源を鳴らすために最低限知っておくべきギターの知識から。

アホみたいな内容だが、バンド経験もなくDTMを始めたわたしは、ここで書いたようなことすら知らなかったのが事実だ。

さっさとJunk Guitarの話をしろよって方はここは飛ばしていただきたい。

 

まず、エレキギターは単体だとエレキギターの楽器の音は鳴らない。アンプとキャビネットを通してエレキギターの音が完成する。 

「とりあえずギターの打ち込みをする」→「あまりのショボさに愕然とする」→「じゃあギター音源探すか」→「”これはDI音源(※)なのでWaves GTRなどのアンプが別途必要です”って?どういうこと?」という混乱に陥った方は、わたし以外にも全世界に3人くらいはいるんじゃなかろうか。

 

「アンプ」はギターの音の増幅器だが、増幅するだけでなく音質を変化させる。

「キャビネット」は要するにスピーカーである。アンプと一体化していることもある。

アンプとキャビネットのセットをデジタルで再現するものを「アンプシミュレーター(アンプシミュ)」と良い、DAWで使うのはこのアンプシミュレーターだ。

そして、最終的な出音の影響の割合として、ギター:アンプ:キャビネットが10:40:50などと言われるそうだ。

  

つまりこういうことである。

f:id:naoki-horiuchi:20170923112449p:plain

 

エフェクターはDTMerにはおなじみ、コンプレッサー・EQ・ディレイ・リバーブのような汎用的なものもあれば、ディストーションなど(ギター以外でもあるけど)ギターならではのものもある。

DAW側でかけることも可能だし、絶対に差すわけではないので()にした。(現実的にはたいていアンプシミュレーターの中で差す。)

 

なお、生演奏の場合はさらにシールド(ケーブル)なども音質に影響してくるようだが、DAWでは関係なので気にしない。

 

ところで先に青字にしたところは、ど素人には「そうなの?!」と感じる部分だと思う。 

ギターの音をリアルにするために高価ギター音源を導入すればいいのかと思いきや、大半の出音はアンプだというのだから、高価なギター音源ってそんな重要じゃないのか?と受け取ってしまいそうだ。

 

しかし、さにあらず。良いギター音源とDAW標準音源を比べると、その「単音の質の良し悪し」以外に、大きくこんな点が違う。

・良いギター音源はギター特有の奏法をキースイッチやCCでリアルに&簡単に再現できる

・良いギター音源は、コード弾きなど複数音のセットを単音と別にサンプリングするなどして音質を上げている。(単音を録音したものを重ねるのと、あらかじめ複数音を鳴らして録音するのとでは質感が違う。)

結局、どちらも重要なのである。

 

(※) DI音源とはギターをアンプを通さずにダイレクトに(クリーントーンで)録音された音源ということで、アンプシミュレーターを組み合わせて使うことを前提としている。ど素人的には「難しくなるからセットにしてくれよ」と思ったりもするが、音質や音作りの自由度などの理由で、ほとんどは分離されている。

 

初心者にやさしいJunk Guitar 

といったレベルのことがようやく理解できたわたしが、じゃあ、ギター音源は何を選ぼうか?と考えた。

 

まず有料・無料問わずいくつかリサーチしたところ、こんな感じになった。

極めていい加減な情報収集結果のまとめなので、あんまり真に受けてはいけない。

 

製品名 ひとこと&強み 値段(だいたい) Kontakt 気になる点

ELECTRI6ITY

ド定番。8種類のモデル。アンプシミュも内臓 40,000円 必要 とても重いらしい
V-METAL メタル特化→エフェクト豊富でトリッキーな演奏も得意 20,000円 必要 メタル特化(と言いながらメタル以外でも使えるという声多数)
RealLPC レスポール・カスタム特化→ロック向き 25,000円 不要 こちらはかなりロック特化の模様
Junk Guitar ギター初心者にも扱いが簡単な割に、奏法などもそこそこ 15,000円 必要(LogicユーザならEXS24用あり)  
VS BURST LP FREE フリーとは思えない奏法の多様さと質の良さ フリー(Kontaktが有料だが) 必要 ギターが弾けない人にはうまく扱えない
LP SG Custom 音の質はそこそこで、UIがかなりシンプル フリー 不要 奏法がかなり限られる上、うまくスイッチが機能しないことが(?)

(補足1)Junk Guitarは以前無料配布していた期間があったが、すでに終了しており現在は有料版のみ→2018年4月末に配布再開されました。詳しくはこちらの記事にて

(補足2)Kontaktについては記事の末尾に補足の章があります

 

当初はフリー音源を探しており、kontaktはあるのでVS BURST FREEを使ってみたのだが、「気になる点」のとおり、ギターが弾けない身にはちょっと難しかった。どの弦で弾くかなどを意識しないといけないのも辛い。

それからLP SG Customも使ってみたが、違う意味でまともに制御できなかった(音が思うように止まらないとか)。ま、慣れれば使えたのだろうが、労力を割くほどこだわりたい音源とも思えなかった。

じゃあ無料は諦めて有料製品を導入するか、と方針転換した結果、比較的安価で、特化型でもなく、技術がないわたしでも使えそうなJunk Guitarがベストと結論した。

 

f:id:naoki-horiuchi:20170923131506p:plain

参考:「VS BURST LP FREE」のセッティング画面。これを見て「だいたいわかるな」と思えないレベルだったら、わたし同様使いこなすのは難しいと思う

 

Junk Guitarご紹介

というわけでJunk Guitarであるが、肝心の中身がどうなのかというと、シンプルに本家サイト様を見ていただくのが良いだろう。

fujiya-instruments.com

 

V1とあるが、実際には「V1」と「V1.5」が同梱されている。V1は無料配布バージョン(0.9)と互換性を保つためのバージョンと思われる。

デモもあるし日本語マニュアルも置いてあるので、買うかどうかを決める前の検討材料として十分な情報量である。

 

実際に使い始めた所感としては、Junk Guitarを導入して初めて、レガートとミュートを交互に弾くパワーコードとか、ソロ部分にときおりチョーキングやハーモニクスを混ぜてみたりとか、ギターらしい打ち込みを勉強しながら試みるようになった。

初心者でもやってみようという気になれる使いやすさと、音も十分にリアルなので、試してうまく行くと良い気分になってテンションが上がる、というのがやはり大きいと思う。

さらに、サンプルのMIDIデータがついているので、これを見ればどうやって打ち込めばそれっぽい演奏表現ができるのかの参考にできる。初心者にはこれも大きい。

 

アンプシミュレーターはどうする?

あとはアンプシミュレーターだが、幸いにしてアンプシミュレーターは優良なフリープラグインが複数存在するので、初心者がお金をかける優先度は低いと思う。

以下の記事を書いたのであわせてどうぞ。

frenchbread.hatenablog.com

 

補足:Kontaktについて

Kontaktは音源を載せるサンプラーで、今のDAWユーザーには非常に幅広く使われているが、購入に50,000円くらいかかる(セールを利用すればもっと安く買える)。

高価だが、上の表でも見たようにKontakt上で動作する音源は多いので、持っていると何かと役に立つのは事実だ。

 

 

あと、LogicユーザーであればEXS24バージョンがあるため救われる。ただし最新のV1.5はサポートしていないようだ。(その分安価でもある。)

fujiya-instruments.com